1872年は日本の野球界の歴史が始まった年

日本では、いつ・どこで・誰が最初に野球を始めたのだろうか?

 

この質問に答えられる野球人は多くはないように思う。
私も野球を始めて24年経った最近までこの質問に答えられなかった。
いや、この問いかけを投げかけられたことがなかった。

何事もルーツを知ることは大切なことだ。
目の前にある、日常の中で当たり前になっていること一つをとっても、そのルーツを知れば実に特別な営みであることを悟るようになるものだ。

日本に野球が来たのは、タイトルにもある通り、1872年のこと。
日本で最初に野球をしたのはアメリカ人のホーレス・ウィルソンだと言われている。

(説は様々にあるのだが、多様な参考文献を参照しながら日本の野球の歴史を紐解いた佐山和夫氏の著書『明治五年のプレーボール』を元にする。)

ホーレス・ウィルソンという人物は日本に教師として派遣された。
学生たちと交わる中で野球を学生と共にしたのが最初だ。
一番最初に野球をした舞台は学校だという事実は驚きだ。

また、最初はノックのように打ったボールを取るという形で野球をしたという。
この事実を知った時、私はチョンミョンソク牧師が復活期を迎えて初めて野球をなさった時のことを思い出した。
チョンミョンソク牧師ノックのような形で会員たちに打ってボールを取るというゲームを楽しくしてくださったのだった。
やはり歴史の主人はすべての歴史を知っていたのか…と考えると鳥肌が立った…

 

さて、ホーレス・ウィルソンという名は2003年に日本の野球界において、野球殿堂入りしている。
野球殿堂は、日本の野球の発展に大きく貢献した方々の功績を永久に讃え、顕彰するために1959年に創設られたそうだ。(野球殿堂博物館ホームページより)

?!

日本に野球を伝えた人物が日本で野球殿堂入りを果たしたのは、野球殿堂が始まって以来、44年経った後のことだった…
野球殿堂が始まった第一号は当然、ホーレス・ウィルソンでなければならなかったのではなかったか…

佐山氏の言葉を借りるならば、自分が日本の国技である相撲をとある国に伝え、その国で国技に匹敵するほど人気が出たのだが、その国の人々が全く自分のことを知らず関心もないとするならば、どのような気持ちになるだろうか?

ホーレス・ウィルソンは意図して野球を伝えようとして日本に来たわけではなかったかもしれない。
しかし、その業は「歴史の始まり」であり、0(ゼロ)から1(イチ)を創った偉大な営みであったことを記憶するべきだと考える。

44年もの空白の歳月を埋めることはできないけれども、現在野球を楽しむ人たち、そしてこれから野球を楽しむ人たちは彼の名を覚えておくべきだろう。

 

今回、今現在自分が立っているこの“時”に起きている事の始発が何なのかを正確に知ることの大切さを深く悟った。
野球について日々勉強を重ねる中で学んだことを共有したく、綴った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA