中学の時に同じ野球チームだった仲間の突然の別れ

寝耳に水…
まさか同い年の野球仲間がこんなにも早く…

中学の野球チームの同窓会LINEに訃報が入った。
3年間共に汗を流した野球仲間が、仕事終わりに倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった、と。
中学卒業以来、一度も再会することができず、仲間の突然の別れを迎え、心苦しいばかりだ…

彼と共に野球をした中学時代を回想してみた。
当時は県下敵なし。
今なおチーム史上最高成績を収めた黄金世代。
死ぬほどキツかった練習を彼と共に乗り越えた日々を思うと涙が込み上げてくる…

私は摂理に来て、人生の生きる意味を知り、死後の世界について悟った時、切実に祈りを捧げた。
過去、自分と共に野球をした全ての仲間たちが救いを得られるように、と。
彼がその後どのような人生を歩んだのか、詳しくは分からないが、私の小さな祈りが天に届くことを切に願うばかりだ…

人は生まれて必ず死を迎える。
ただ早いか遅いかの違いがあるだけだ。
その生きている期間「何を食べて生きるかが問題ではない。どのように生きるかが問題だ。」というチョンミョンソク牧師の言葉が深く深く胸に刺さる。
義なる生き方をするようにと説き続けるチョンミョンソク牧師の教えに習って生きるならば、人生一生、霊魂永遠まで後悔がないだろう。

野球だけをして生きるならば本当に虚しい。
「野球だけの人生ではない」と謳う人は多いが、どのように生きるのかについて教えてくれる人は多くない。いや本当の意味では皆無に等しい。
人の人生、十人十色だが、生きる意味の根本は、やはり宗教にしか答えがないのだと痛感している…

自分が生きているということの貴さを今一度悟った。
この世に生を受け、今も生きて存在しているということがどれほど大きな神様の恵みなのか、感謝しても感謝しきれない。

彼の霊魂のために切に祈ります。
残されたご家族の今後の生には神様の恵みが満ち溢れますように…
ご冥福を心からお祈り致します…

哀悼の意で綴りました…

野球オンライン練習会

先日、野球部がオンラインで練習会を開催した。
コロナ禍以降、オンラインで様々な活動が行なわれるようになったが、スポーツの練習をオンラインで行なっている人たちはどれくらいいるだろうか?と不図考えた。

当初、「野球の練習がオンラインでできるのだろうか?」と疑ってかかっていた。
しかし、実際にやってみると、工夫次第では、オンラインでも練習が可能だということが分かった。

野球というスポーツは団体競技でありながら、個人競技の側面が強いように感じる。
個人競技の練習となれば、全員が同じ空間に存在していなくても成り立つ。
素振りやシャドウピッチング、ゴロ捕球に至るまで、1人で出来る練習、いや、1人でしなければならない練習は、考えてみると山のように存在する。

人の固定概念というモノは本当に恐ろしい。
「練習=一同に集まってやるもの」という固定概念が活動の幅を大きく狭めてしまっていたことに気が付いた。
(人の宗教というものに対する固定概念も同様に、人生を豊かにするソースを取り入れることをブロックしてしまっている…)

さて、オンラインでの練習は録画という形で残すことが可能である。
同じ時間帯に参加できなかった人たちも、後で見て、同じく練習することができるというメリットがあるのだ。
時空間を超越した野球の練習スタイルは、非常に画期的ではないだろうか?
同じ時空間でしか成り立たないというスポーツ活動の固定概念を取り払い、より多くの人たちが少しでもその活動に参加することができる形を追求していけば、また野球というスポーツの存続問題にも一石を投じることができるだろう。

【扉を開けるカギ】野球教室の立ち上げを成功に導いたチョンミョンソク牧師のコーチング

【扉を開けるカギ】の第10話は野球教室の立ち上げに成功した人の話。

どんな分野においても新しく事業を始めることは易しいことではない。
ましてや起業するとなれば、それ相応のリスクを背負っていかなければならない。

彼はコロナ禍の中でも野球教室を立ち上げる夢の実現のために奮闘していた。
彼は毎日祈りを捧げ、野球教室を立ち上げの成功を切望した。

ある時、起業に挑戦していく彼に扉を開けるカギが渡された。
他でもない、チョンミョンソク牧師が伝えてくださった神様の御言葉だ!

チョンミョンソク牧師はどのような御言葉をしてくださったのだろうか?

 

“위치가 중하다”
“位置が重要だ”

 

起業を進める中で、数々の決断に迫られる。
何かの決断をする際、どのように決断をしたら良いのか分からなくなることもある。
ひとつの決断の過ちによって取り返しのつかない事態を招くこともある。

特に、事業所を構える場所の決定に関しては、本当に重要な決断となってくる。
一度契約すれば、契約の内容によるが、少なくとも3年はその場を離れることができなくなる。

彼はチョンミョンソク牧師のおっしゃった「位置が重要だ」という言葉を繰り返し考えながら不動産の情報を集めた。
集客が多く見込める都市部を中心に市場調査し、最適な事業所の場所を定めようとしていた。
彼は、扉を開けるカギをぎゅっと握りしめ、場所の決定に関しては決して妥協しなかった。

しかし、探しても探しても良い場所が見つからない。

そうして半年もの歳月が流れた。

マタイによる福音書7章7節
求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

「皆、求めるのは得意だが、その次、あまり探さない。」と過去におっしゃった御言葉も思い出さ、探すことにも一層力を注いだ。

また、神様はいつも人を通して働かれるというコーチングもあり、人のつながりを大切にし、ある人の紹介を受けて、不動産に出向くにした。
その不動産から紹介された場所は考えの片隅にもなかった都市部から30~40分離れた場所だった。人口は約20分の1。
ただし、交通の便はよく、(車通りも多く)都市部よりもラーニングコストが抑えられるというメリットを採り、小さく始めるというビジネスの鉄則に則ってその場所で決断をした。

その場所は、実は、野球人口が比較的多く、バッティングセンターなども周辺にはなく、潜在ニーズがあった場所だったのだ。
蓋を開けてみて、どれほど良い場所かがさらに悟られたのだという。
(ほぼ一年の間に初期投資費用を回収できたそう!)

【扉を開けるカギ】をもし持っていなかったならば、どうだっただろうか?
適当な場所を決めて始めていたかもしれない。
野球教室という夢が夢で終わっていたかもしれない。

彼に限らず、このチョンミョンソク牧師のコーチングが多くの人の【扉を開けるカギ】となることを信じて止まない。