2022年もキリスト教福音宣教会の野球部は歩みを止めません!

遅くなりましたが…

明けましておめでとうございます。
今年もキリスト教福音宣教会の野球部をよろしくお願い致します。

2022年がスタートして1週間が経ちましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は日本に帰国し、新年早々から活動を開始しております。

1日にはバッティングセンターに足を運びました。
ダブルビンゴを取ればもう一回出来るというストラックアウトでは、2回連続でダブルビンゴを達成し、36球連続で投球しました。一か月ほど投げていなかったので、良い投球練習の機会になりました。
またバッティングでは110キロで20球のみ打ちました。スイングの中で右手を早く返さずハンマーで釘を打つ動作を意識したのですが、心に適う打球は3球ほどでした。
新年早々、バッティングセンターに足を運ばれていた方が結構いました。
野球人口が減っていると言われていますが、野球が好きな人はたくさんいるのではないかと感じ、嬉しい気持ちになりました。

4日には練習メインで少人数の部員とともに活動しました。
球場に向かう途中、巨大な虹を見ました!
神様が自然万物を通して共にしてくださるシルシを見せてくださったので、心から神様に感謝感激し、感嘆しました!

写真ではあまり濃く写っていませんが、実際に見た虹は鮮やかで、カメラに収まらないほど大きかったです。

チョンミョンソク牧師は各自個性で神様に栄光を帰しなさいとおっしゃいました。
部員たちは野球という神様が創ってくださった運動芸術で各自の個性を発揮しながらプレーし、神様に栄光を帰しました。

私は先日、新しく購入したノックバットでノックを通して栄光を帰しました。
ノックをしながら、過去を回想しました。ほぼ毎日ノックバットを握って約6年の歳月が経ったのですが、やった分だけ、努力した分だけ技術が向上したことを悟りました。

今年も摂理の野球部は歩みを止めません。
コロナ感染予防のため、まだまだマスクと共に野球をする日々が続くとは思いますが、皆様も決して歩みを止めずに頑張っていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA