日記
野球を通して学んだことを語る会

野球を通して学んだことを語る会

先日、野球が大好きな摂理の野球部のメンバーたちがオンラインで集結し、野球を通して学んだことについて熱く語り合った。

  • 個性・一芸を磨くことでレギュラーの座を掴んだ経験を通して、社会の中でも何か個性を磨くことで通用するということを学んだ。
  • 自分の気持ちに向かい合ってポジティブに考えるように努力するようになった。
  • ひとつ一つのプレーの前に、どういうことが起こりそうか予測し準備するよう教えてもらい、何事も前もって備えるようになった。
  • 野球を辞めようと思った時、仲間が声をかけてくれたことによって続けることができた。仲間の大切さ、そして続けることの大切さを学んだ。
  • 「迷ったら前に出ろ」という言葉が今の自分の人生の決断においても生きている。
  • 当たり前のことを当たり前にする、基本を徹底することが大切だと学んだ。
  • 誰かの支えがあるからこそ野球がやれるということを知るようになってから、当然と思う心から感謝する心に変わった。
  • 継続する力が野球を通して養われた。

それぞれが語ってくれたことを箇条書きにしてみた。
野球というスポーツを通して多くのことを学ぶことができると改めて確信する時間になった。

野球というスポーツに対するイメージは人それぞれだが、野球をした経験がなく、今日のニュースを見聞きしている人たちにとっては良くないイメージなのかもしれない。
暴力、賭博、飲酒運転などなど、野球に携わっている人たちがそのような行為をしてしまうがゆえに、野球というスポーツ自体のイメージが悪くなるしかない状況だ…

野球の良さを発信することも野球をやっている人たちの使命であり、野球そのものの価値を作りあげていくことも野球をやっている人たちの使命だと思う。

今回の語り合いはとても良い時間だった。
摂理の野球部は野球の良さを伝え、野球の価値を高めることに今後も挑戦していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA