日記
コロナ下において3か月ぶりの野球の大会を終えて

コロナ下において3か月ぶりの野球の大会を終えて

先日、約3か月ぶりに大会が開催された。

いつ大会が開催されるか分からない、練習だけを続ける毎日に正直心が折れそうだった。
待ちに待った大会の会場に行く道中のバスの中で文章を綴ったものを紹介する。

__

出発して3時間30分が経過した。
久しぶりに大会に参加する。
あと30分ほどで会場に到着する。
3か月前の大会では惜しくも4強入りを逃したことが思い出される。
コロナ下で試合に向けての十分な準備ができたわけではないが、最善は尽くしてきた。
どんな状況下だとしても「心と思いと命を尽くす」ということを先生は教えてくださった。
その精神でここまでやってきたことに自負心を持って、自信を持って戦いたいと思う。

大人数を乗せたバスが上り坂を移動する際にはギアを下げてゆっくりと上っていく。
これと同じく、難しい試合展開においては一つ一つゆっくりと試合展開に合わせて動かないといけない。
決して慌てず、浮き足だつようなことはせず、一つ一つゆっくりと。
これが今日のポイントになりそうだという霊感を受けた。
さあ、試合前の祈りに入ろう。

2021/09/11/14時51分

__

久しぶりの試合は2-1で勝利することができた。
まさに、試合前に霊感を受けた通り、一つ一つ慌てずプレーすることが非常に重要な試合展開だった。
我がチームも、相手チームも塁死が目立った。
ライナーで帰塁できず…無理して次の塁を狙ってアウト…
浮足立ったプレーによって互いにチャンスを潰してしまい、流れが行ったり来たりした。
決定的なシーンは無かったが、投手陣がよく踏ん張った結果が勝利につながった。
アウトを一つひとつ積み重ねた結果だったと回想する。

今大会は残念ながら三回戦で敗退した。
負けた試合は1イニングにミスが3つ続き、5失点した結果、1-5だった。
一つ一つ慌てずプレーすることの重要性に改めて気づかされた。

我が摂理の野球部員には甲子園に名を連ねる強豪校でプレーしていた選手が多く存在する。
先日のオンラインの集まりの中で「凡事徹底」という共通項が話題に上がった。
強いチームは何か特別なことをしているわけではない。
当たり前と思われることをしっかりと徹底的にこなしている。
これが実は非常に難しいことだ。
対象が小学生となると尚更だ。

コロナ下で練習を思う存分にできない状況が続く。
そんな限られた環境下で特に「凡事徹底」することを大切にしながら取り組んでいきたいと思う。

次の大会まで残り3週間…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA