日記
学ぶ時の姿勢、心構え

学ぶ時の姿勢、心構え

野球の練習は学ぶ時間だとも言える。
自分ができないこと、知らないことをまずは学ばないといけない。

学ぶ時にはどのような姿勢、心構えを備えるべきか、今日は書きたいと思う。

チームに入団して長く経つ選手たちが、慣れ合いを通り越して、監督・コーチのアドバイスに対する返事がおろそかになることがある。
何となく聞き流して、何となく返事をするから、動きに変化がない…

以前、監督が選手たちにこのように教育されたことがあった。
「あなたたちは監督・コーチのアドバイス一言がどれほど貴重なエキスなのか分かっていない。
何年何十年も野球をしながら得た知識とノウハウが詰まっている。
それなのに、その一言をただ流し聞いて自分のモノにしようとしない。」

仮に、選手たちが教えてもらえることを当たり前のように考え、その教えをおろそかに扱うならば、それは大きな間違いだと思う。

野球で言えば教える立場にある私も、聖書の御言葉で言えば教えてもらう立場にある。
選手たちの姿を鏡として自分の学ぶ姿勢を深く省みている。

先生は修道生活の中で神様から御言葉を学んだ時にどのような姿勢で学んだのかについて話してくださった。
特に、神様の創造目的についてはたったの一度しか学んだことはなかったが、変わることなくその学んだことを持って生きてきたとおっしゃった。
たったの一度だけ聞いた教えを持って数十年も変わることなく生き続けることは決して易しくないだろう…
そして、一度学ぶ時には詳しく聞いて学んだともおっしゃった。
神様の教えを貴重に思い、一度だとだとしても詳しく聞いて学んで、それを実践してこられた先生の話を聞きながら、学ぶ時の姿勢・心構えはこのようにあるべきだということを悟った。

一度だけ聞いたとしても、その全てを自分のモノにすることができるようにその声に耳を傾けたいものだ。
そのような学ぶ姿勢・心構えを備えるならば、野球の技術はもちろんのこと、人間的にもより成長していくことが期待できるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA