日記
雪が舞う中での練習(パート2)

雪が舞う中での練習(パート2)

2日連続で練習中に雪が降った…
日中の最高気温は氷点下2℃だった…

ある選手が練習の合間にこんな言葉をかけてきた。
「コーチ、こんなに寒い中でどうやってノックを打てるんですか?僕は足が凍り付いたようで全然動きません…」と。
私は少し考えて「やればいいんだよ」と返した。

練習の初めは寒すぎて、さすがに「今日は野球をやる日ではない」と思った。
練習へ向かおうと車に乗り込もうとしたら、ドアが凍り付いて開かないほどだった…
しかし、始動がかかってからは不思議と寒さを感じることがなかった。
まるで車のエンジンをかけて少し経てば暖房が効いてくるように…

韓国のことわざに「初めは半分」ということわざがある。
何事も始動することが難しい。
しかし、初めを上手くできればその勢いと流れで最後まで物事を進めることができる。

どうやって始動をかけさせるのか、これは指導者の腕の見せ所。
モチベーションマネージメントという概念が四半世紀前ほどから出てきたと思うが、動機付けさえ上手くできれば選手は自ら動き出すようになる。
冬は身体も動きにくく、試合もないため動機付けが難しい。
しかし、指導者から熱を上げ、積極果敢に動けば、選手もついてくる。

「やればいいんだよ」と選手に返事をしたが、人はできないことに対する言い訳を探すのが得意…
だから「やればいい」のだ。
あれこれ考えずにやればできるのだ。
手がかじかみ、足先の感覚はなかった。
でもノックを打つうちに温まってきて、上着を一枚脱ぎたくなるくらいになった。

 

松の木が寒さで死ぬような極寒の中で先生は祈りを捧げられたことを頭に思い描いてみる。
食べられず、着られずで、雪の中でも薄着だった先生はどれほど熱心に祈られたのだろうか、と…

 

年末、12月31日、2020年最後の日まで練習は続く。
最後の最後に一番の冷え込みを迎えるそうだ…
終わり良ければ総て良し!
寒さに打ち勝って2020年を締めくくりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA