野球の練習も仕事も様々なことも負担にならない方法

今週の御言葉のキーワードは「負担」であった。
御言葉を一度だけ聞いて、聞き流してしまうと、その深い意を察することができない。
「負担」という普段使い慣れた単語の意味をもう一度確認することにする。

【負担】
1 荷物を肩や背にかつぐこと。また、その荷物。
2 義務・責任などを引き受けること。また、その義務・責任など。「費用は全員で—する」
3 力量を超えて重すぎる仕事や責任。重荷。「—にならない程度の寄付」
デジタル大辞泉より

今現在、自分自身の生活を省みた時、負担になっていることがあるだろうか?
野球の練習を負担に感じていることがあるかもしれない。
負担に感じるならばその方法を今一度考え直すべきだろう。

今週、野球の夏合宿に同行させていただいた。
その中で選手たちの姿を見て考えさせられた。
ボールを集める時のこと。
ボールが散らばっているところにボールケースを持って行って入れれば良いのだが、ボールをグローブに入れてボールケースまで持っていき、何往復もする選手の姿を見た。
また、ボールケースを片付ける際、ボールケースの両端の取っ手を両手で持てばいいのだが、グローブをはめた状態で、片手でボールケースを持ち運んでいる選手の姿を見た。

負担になる方法でやるから負担に思うのだ。
簡単にやれる方法が他にあるはずだ。
野球の練習や仕事や様々なことをやる際、負担に感じることがあるならば、負担にならない方法を探してみると良いだろう。
今まで負担に感じていたことがウソだったかのように簡単に出来るだろう。

仕事を任せると、あまりに度が過ぎるほど、負担になるやり方でする人たちがいます。
必要なく度が過ぎるほどやるから、むしろ損をします。
よくできる人たちは簡単にやります。
だから見ていて胸がすっきりし、気分がよく、負担になりません。
2022年7月24日主日の御言葉より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA