日記
ひとつ一つ、じっくり・ゆっくりとやっていくこと

ひとつ一つ、じっくり・ゆっくりとやっていくこと

目標に向かう過程において、目標を達成したい願望が強ければ強いほど急いでしまう…
春の甲子園が始まっているが、全国大会優勝という目標を設定し、チームを導いているが、チームの水準を引き上げようとつい行き過ぎた指導をしてしまうことが起こりえる。
これまでいくつもの学校で起きた事件の数々が物語っている…

タイトルにもあるように、ひとつ一つ、じっくり・ゆっくりとやっていくことが答えだ。
もちろん、任期があり、短時間の中で結果を求められる厳しい世界であるがゆえ、大概は急ぐだろう…
しかし、何事も飛躍はない。
一度では困難極まりない。
段階を踏まなければならない。

同じことを3度4度指摘しても変わらない選手がいても、5度6度説明する忍耐が必要な時もある。
消化力が乏しい選手がいても、時間をかけて具体的に一つずつ手ほどきしてあげなければならない時もある。
そのようにじっくりと指導した選手は成長した後が強い。

私の好きな箴言の一句を紹介する。
急いで得た富は減る、少しずつたくわえる者はそれを増すことができる。(箴言13章11節)

富だけでなく、全ての物事がこのようにこうだと思う。
ひとつ一つ、じっくり・ゆっくりとやって得たものは簡単には奪われない。

選手への期待が大きいあまり、指導者が急ぐようなことがあってはいけない。
いつもひとつ一つ、じっくり・ゆっくりと教えながら選手の成長を忍耐強く見守ることのできる指導者になりたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA