日記
怠ける者になっても良いのか?

怠ける者になっても良いのか?

自分も知らないうちに怠ける生活を送ってはいないだろうか?

怠ける者は食べることが面倒で、毎日食べないうちに死ぬこともある。
怠ける者は毎日体を洗わずに生きる。
怠ける者は着た服を1年に1度洗濯する。
怠ける者は1年に1度体を洗う。
怠ける者は歯も毎日磨かない。
(2021年3月3日 主の御言葉)

この先生の箴言を見ながら、さすがにここまで怠けることはないだろうと思う。
しかし、大なり小なり怠けていることがあるならば、このようにこうだということを戒めなければならない。

1年に1度しか自分の体を洗わないことを一度想像してほしい。
体中がかゆくてすぐに想像を遮断したくなるのではないだろうか?
そのように怠けるということを忌み嫌って勤勉に生きるようにと教えてくださった御言葉だと思う。

練習中、怠ける選手が多かれ少なかれ存在する。
素振りをするときに適当にバットを振り回すのならば、それは怠けだろう…
ランニングをするときに手を抜くのならば、それは怠けだろう…

どうせやるならば、ちゃんとやろうではないか!
どうせやるならば…

怠けるのならばやらない方がましだと思うことも正直ある。
怠ける習慣や体質が選手たちに絶対身につかないように教えていきたいと思う。

勤勉な人は人生の勝利をした人だ。
勤勉な人は自分の願いをかなえる。
生活の中で自分を勤しんでつくりなさい。
(2021年3月3日 主の御言葉)

アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA