扉を開けるカギ
【扉を開けるカギ】第6話:「備えあれば憂いなし」とは守備のこと

【扉を開けるカギ】第6話:「備えあれば憂いなし」とは守備のこと

【扉を開けるカギ】の第6話はプロ野球界で活躍する守備コーチの話。

彼は遊撃手としてゴールデングラブ賞を受賞するほどの実力者だった。

17年という長い長い現役生活を終え、守備コーチとして新たな道を歩み始めていた。

彼は野球における守備という分野で真理を探求し続けてきた。

その中で疑問だったことは、
プロ野球選手たちがしきりにエラーをすることだった…

やはり先生のもとを訪れ、その口から出るヒトコトに耳を傾けた。

先生は何とおっしゃったか?

수비할 때에는 준비다
“守備するときには準備だ”

このヒトコトについて続いて
みな技術があるのになぜエラーするのか?準備できていないからだ。
と説明してくださった。

また、小刻みでステップする動きを見せてくださりながら、このように準備するのだとコーチしてくださった。

彼は大きな答えを得、今もコーチングに生かしている。

多くの守備職人たちが彼のもとから輩出されることに乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA