扉を開けるカギ
【扉を開けるカギ】第2話:制球難に苦しむ投手にかけたそのヒトコト

【扉を開けるカギ】第2話:制球難に苦しむ投手にかけたそのヒトコト

【扉を開けるカギ】の第2話は制球難に苦しむ高校球児の話。

高校3年生の最後の夏のこと。
彼はドラフトにかかる可能性もある投手だった。

本格的に野球を始めたのが中学3年生の時で、
野球を遅く始めたビハインド・経験の不足は否めないが、
最速143km/mのストレートとキレのあるスライダーで十分に立ち行けると見えた。

しかし、彼は時々制球に苦しむことがあった。

この問題を解決すべく、先生のもとを訪ね、指導を仰いだ。

その時、先生は何とおっしゃったか?

“의식하지 마라”
“意識するな”

幸いにも私はこの場に居合わせることができたのだが、
このヒトコトの中には非常に多くのことが含まれていると感じた。

私も投手出身だが、
打者を意識してしまったり、走者を意識してしまったりと、
確かに過剰な意識によって制球難に苦しむことがあると感じた。

この核心を突くヒトコトが彼の野球人生のステップアップにつながったことは間違いない。

現在、彼は大学に進学し、Aチームでプロ入りを目指して奮闘している。
大きな制球難に苦しむことなく、現在は最速146km/mをマークしている。
数年後のドラフト会議に注目だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA