日記
目の前のことを着実にこなし、コツコツ積み重ねること

目の前のことを着実にこなし、コツコツ積み重ねること

新年を迎えて、今年はやるぞー!と意気込み、大きな目標を掲げた人もいると思う。
誰でも心を新たにして新年を迎え、「去年よりも今年をより良い一年にしたい」と思ったのではないだろうか。

心、考えは先をゆくもの。
もちろん、心を新たにし、考えを新たにしてこそ、行ないも新たになるということは真理。
しかし、日常の行なうべきこと、目の前のことに対しては、地に足をつけて着実にこなしていかなければならない。
生活の全てをなげうって目標に向かうことはできない。

先生は「生活の舞台」という表現をされた。
何か特別なものが別の世界にあるのではない。
「生活」という自分の生そのものをより良く開発していくのだ。
「生活」そのものが自分が成し遂げたいと願う夢や目標の「舞台」であるということを忘れてはならない。

 

「塵も積もれば山となる」とは誰もが聞いたことがあるだろう。
この言葉を訓戒にしてコツコツと努力を重ねている人がどれほどいるだろうか?

昨年、奥さんが一年かけて毎日毎日ポイントを貯めて塵が積もって山になったのを目の当たりにした。
正直、最初は「そんなちっぽけなことをして…」と心の中で軽視した。(ごめんなさい。)
小さな実践もコツコツ積み重ねることによって想像を超える結実を得る、ということを悟った。

生活の中で、少しの時間でも、夢や目標の実現のために毎日コツコツと努力を積み重ねる一年にしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA