日記
意識の差が実力の差になる

意識の差が実力の差になる

「新しくしなさい」という御言葉で始まった2021年も2週間が過ぎた。
「1月、2月、3月」は「行く、逃げる、去る」と言われるように歳月があっという間に過ぎていく気がする。
しかし、時間は正確。
速くなることもなければ遅くなることもない。
ただ淡々と流れていく。

流れていくままに時間を放っておけば何も残らないだろう。
時間がほしいと嘆く人は多いが、時間を貴重に使っている人は多くない気がする…

先生は長く生きようと思わずに2倍3倍走りなさいと教えてくださった。
そうすればその分長く生きたことと同じだと。
1000年生きたとしても、ただ食べて飲んで終わったら何になるだろうか…
100年生きたとしても、その名と言葉・行ないが後世2000年にも及ぶイエス様のように生きるならば、それに勝る人生はないだろう。

 

時間は有限。
練習時間も同様。
限りある時間をどのような意識で練習するのか、最近選手たちに続けて教育していることだ。
大まかに、適当に100回スイングをするくらいなら、10回でもいいから全力で試合と同じようにスイングした方が良いではないかと。
ダラダラと10周走るなら1周全力で走った方が良いではないかと。

野球の練習は長いと言われる。
やるべきことが多いからだ。
しかし、短い時間で集中すれば十分であることもあるのは事実。
時間に対する意識を変え、練習中の一挙手一投足に対する意識を変えることで実力がついてくることを確信する。

実際、我がチームではコロナの影響もあり少人数で2時間の練習スケジュールにキャッチボール、ノック、ティーバッティング、バッティングを全部詰め込んでいる。
時間を意識させながらテキパキと動くように選手を促しながら練習してみると1時間で3時間ほど練習をしたのではないかと錯覚するほどの充足感がある。

時間に対する意識を変え、練習に対する意識を変え、野球に取り組む意識も変えていけたら良いと思う。

一つ一つすべてのことに新しくすることがあるから、行なうことすべてを一つ一つ新しくしなさい。*1
(2021年1月3日主日の御言葉)

アーメン。

 

(*1) 사사건건마다 새롭게 할 것이 있으니, 하는 것마다 사사건건 새롭게 하여라

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA