日記

野球少年たちの純粋な姿

毎週土曜日は朝早くからユニフォームに袖を通す。

週に一度だけ野球を楽しむ子どもたちの野球教室があるからだ。
そこに通って来る子どもたちは本当に愛おしい。

ある親御さんから一通の連絡が来た。
監督・コーチ、いつもお疲れ様です。我が子は土曜日の野球に行く日ばかりを待っています。
と。

純粋に野球が好きで、野球を楽しみにする子どもの姿に胸が熱くなった…

ある子は両親が仕事で忙しいため、私が車で迎えに行くのだが、
ユニフォーム姿の小さな野球少年が時間通りに道路脇で立って待っている姿はとても愛おしい。

その子は必ず約束の時間を守って待っている。
その子はどれくらい前から待っているのだろうか?とふと気になって、
約束時間の10分前に行ってみたことがあるのだが、
その時、その子はもうすでに待っていたのだった!

野球が好きで、週に一度のその時間が楽しみでしょうがない、そんな少年の純粋な姿を想像してみてほしい。

子どもたちに野球を教える指導者としての責任の大きさを感じる。

そういう純粋な野球少年たちの思いに全力で応えていくことが我々野球指導者の使命ではないだろうか。

彼らが純粋なその気持ちを忘れることなく成長していくことができるようにサポートしてあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA