日記
背番号106番の雄叫び

背番号106番の雄叫び

6回、3-2の大事な場面で中継ぎとして送り出されたのは背番号106番だった。
トレード直後の初登板…
色々な思いが交錯する中、背番号106番は3者連続三振で相手を斬って雄叫びをあげた!

誰かって?
そう、澤村拓一選手だ!

この投球を見ながら鳥肌が立った。
名刺代わりの3者連続三振…
気迫あふれる投球に野球ファンの鼓動の高まりは最高潮となった!

澤村選手の新チームでの活躍に目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA