2018年を振り返って

2018年はどのような年だっただろうか?

 

私にとっては
様々な希望が成された年だった。

 

今年を過ぎると海外で生活を始めて3年経過することになる。

言葉・文化の違いと格闘しながら、
野球チームのコーチとして、チームを優勝に導くことができたことが今年一番大きなことだった。

【もがきは傑作品を作る】と先生は教えてくださったのだが、
まさにその言葉の通りに、もがいてもがいた結果・結実を見ることができた年だと言える。

 

今この時代は衣食住に困ることのない時代だが、
何かある目的・希望を成そうとするためには多くの困苦を経験する。

労を厭わない人だけが掴むことのできるのが希望だと思う。

実際、優勝という希望を掴むまでには本当に多くの困苦を経験した。

 

サッカー場にネットを立てて野球の練習に励む日々。
人は環境によって左右されがちだが、その環境を克服してみせた。

大会に出ていくならば片道2時間の移動が常。
日程上、連戦を強いられ、コンディションを整えるのが難しい状況の中でも己の力を最大限発揮してみせた。

 

周囲ではこんな声もあった。
「よくもこんな環境で野球をやらせるものだ。」

自分としても、教え方に関してやチームの運営に関してなど、様々に思うこともあった。

でも自分の位置を決して離れなかったし、チームの勝利に向かう思いは決してぶれなかった。

【目的は目的だ】

方法論の違いはあっても
結局はチームの勝利という目的が自分を引っ張ってくれた。

 

何よりも選手たちの頑張りが本当に大きかった。

先生のコーチの通り【人は作り方次第】と言い聞かせ、
選手を熱心に教えた日々を思い出すと目頭が熱くなるしかない。

よくついて来てくれた選手たちに感謝の思いを伝えたい。

 

「運が良かった」と言う人たちもいるだろう。
「偶然の中の偶然」という言葉も聞こえてくる。

でも、誰が何と言おうと希望がなされた今年は
自分の人生にとって本当に尊い経緯となって永遠まで残るだろう。

 

これからはもっと挑戦、もっと高みを目指したいと思う。

来年はどんな年になるだろうか…
期待、期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA