日記
【2021年全国大会0日目】親元を離れて

【2021年全国大会0日目】親元を離れて

親元を離れてもう何年になるだろうか。
高校から寮生活だった私は今年で18年になった。

選手たちは親元を離れて暮らす経験がほとんどない小学生たち。
まだ小学生なのだから当然と言えば当然。
今回の遠征は、大会での試合結果にもよるが、最低でも10泊は親元を離れて生活することになる。
今回の遠征を通して、子どもたちが親という存在について考える機会になると思う。
いつも、当たり前のように側にいる存在。

あったものがなくなると人はその存在の貴重さに気づくようになる。
一生分からずに死ぬこともある。

 

私が初めて親元を離れて3ヶ月が経った時のことを思い出す。
電話口で父親の声を久しぶりに聞いた時に涙した経験がある。

ホームシックなんてかかるわけがないと思っていた。
1ヶ月目に新入生は1週間帰る機会が与えられていたが、私はまだ何もしていないのに帰っても意味がないと思い、帰らなかった。
(ホームシックにかからないようにするための対策だったのだが)
強がっていた。

今から飛行機に乗って出発する。
なぜか初めて親元を離れる時のようだ。
家族をおいていく心情は何とも表現し難いものだ。
奥さんの労苦を考えると心が痛い。
しかし、行くべき道は行かねばならない。

今回の遠征を通して、精神的にもまた一段階成長する機会になることを願い、綴る。

21.10.6./12:04 済州島に行く飛行機の中で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA