日記
【扉を開けるカギ】第10話:野球選手を教育していく最高の方法

【扉を開けるカギ】第10話:野球選手を教育していく最高の方法

とある野球の指導者の話。

彼は選手を教育しながら、日々考え、悩み、研究し、努力して選手の育成方法を模索していた。
毎日の練習前には必ず深い祈りを捧げ、天の御心を野球を通して実現したいと哀願していた。

そんな中、先生は彼に最高の教育方法を伝授してくださった!

この教育方法で今後多くの素敵な野球選手たちを輩出することができるだろう!!

先生はヒトコトでこのようにおっしゃった。

“최고 뼛속 깊이 뇌 속에 박히는 교육은 직접 겪어 보게 하는 교육이다.”
“最高に骨の髄に、脳の中に入る教育は、直接身をもって経験するようにさせる教育だ。”

 

直接身をもって経験するようにさせる教育。
これが野球選手を教育していく上で最高の方法だ!

いくらたくさん講義を聞き、ノートにメモを取りながら学んだとしても、すぐに記憶から消えてしまう。
一方、直接身をもって経験したことは忘れにくい。
経験を積ませることが答えだということだ!

彼の下(もと)から多くの素敵な野球選手たちが輩出されることを期待するばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA