日記
今日12月9日は初めて摂理の主日礼拝に参加した日

今日12月9日は初めて摂理の主日礼拝に参加した日

今日12月9日は初めて摂理の主日礼拝に参加した日だ。
今から8年前の2012年12月9日のこと。
(摂理に来て以来、日付(時)をかなり意識するようになったため、特別にメモをしていなくても節目の日付はすべて記憶している。)
スーツ専門店でストライプのスーツを新調して臨んだことを覚えている。

その日はとても寒く、私は白シャツの中にお気に入りのSSKのハイネックのアンダーシャツを着た。
当然、白シャツの首元から何か出ていては可笑しな格好なのだが…
私はまだまだ幼かったのだ…
先輩に「インナーが首から出てるよ」と言われて、そこで気づいた…
ハイネックを中に折り曲げても折り曲げきれず、そのまま礼拝に臨んだことは記憶に新しい。
(その時、神様はクスっと笑って覆ってくださったと信じている…)

 

さて、今週の御言葉の主題が「感謝と栄光」だった。
もらったものがあるから感謝しなさいと先生はおっしゃった。
この8年間を振り返り、神様からもらったモノを様々に考えてみた。

特に大きなことは自分が望んでいたモノをもらったことだとおっしゃった。
自分が望んでいたモノ、その一つに「野球で飯を食う」という夢があった。
プロの道は閉ざされた…いや、本当の意味で自分が望んでいたことは「生涯野球に携わりながら生計を立てていくこと」だった。

その夢が摂理に来て叶ったのだ!
これは紛れもない事実!!
神様、感謝します!!!
(摂理に来ていなかったらその夢が叶えられていなかったかどうかは分からないが、救いを得て、かつ、自分の夢も実現することができたのだから、それ以上のことはない!)

家庭を持ちながら、野球一本で生計を立てていくことは易しいことではない。
自分の好きなことを仕事にできたらそれ以上の幸せはない、といった言葉を聞いたことがあるが、ただ好きなだけでは仕事にはならない。
野球好きはこの世の中にいくらでもいる。
しかし、野球好きで野球一本で生計を立てている人がどれくらいいるだろうか?

私が望んでいたモノは札束でもなければ金塊でもない。
生活そのものだった。
自分の望み通りの生活ができることほど幸せなことがどこにあるだろうか?

先生は「実力がないといけない」とおっしゃった。
いくら神様が祝福をしてくださって願っているものを受けたとしても手に負えるだけの実力が自分になければ自分自らがその祝福を手放してしまう…

人々はよく勘違いをしている。
神様が祝福をしてくださらないのではなく、自分がその祝福を手に負う責任を果たせていないのだ…
私が野球一本で生計を立てることができるようになったのは、その最低限の責任を果たした、というだけだ…

今もらっているものは、自分の力と能力では解決できなかった。
解決できなくて得られなかったなら、どんな境遇だったか、考えてみなさい。
もらえていなかった時より100倍、1000倍よくなったことを悟って、感謝感激し、愛して生きなさい。
間違いなく神様と聖霊様と主がくださったものだ。
(2020年12月7日主の御言葉より)

アーメン。
摂理9年目に突入するが、この御言葉を完全に自分の哲学にして生きていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA