日記

スポーツ安全教育の根本

スポーツにおいて怪我・事故はつきもの…

そのように言われるが、
怪我や事故の原因を省みてみると、
未然に防ぐことができたという場合が多いのではないかと思う。

例えば、準備運動・ウォーミングアップ不足による怪我。
常日頃から準備運動・ウォーミングアップを十分にしていれば防ぐことが可能である怪我は、因果関係が明確には見えてこないが多い。

また、ボールが当たったという事故。
これは、「不注意」によって起こることが大半だ。
キャッチボールをしている最中によそ見をしていて当たったというような場合がそうである。

実践するとき「注意」しなさい。
実践するとき分別しなさい。
実践するとき危険だから「この上なく注意」して、事故が起こらないようにしなさい。
聖霊と主を呼んで、共に実践しなさい。

先生が伝えてくださった箴言の御言葉。
この上なく注意することで事故を未然に防ぐことは、
スポーツ安全教育の根本ではないだろうか。

指導者として、選手たちの命を預かる者として、
絶えず「危険」を意識して「注意」して指導していきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA