スポーツに国境はない~韓国・李相花(イ・サンファ)選手と日本・小平奈緒選手の姿~

NHKのニュースに今日ほど釘付けになった日はなかった。

 

韓国人と日本人がそれぞれの国の旗を持って抱き合う姿…

 

「美しい」という形容詞以上の言葉が見つからなかった…

 

http://m.sports.naver.com/pc2018/news/read.nhn?oid=025&aid=0002798997
↑韓国語が読めないお方は写真だけでも見てください↑

 

このシーンを観戦していた人がインタビューで

スポーツに国境はないように感じた

と語っていた。

 

 

両親と共に観ていたので、
感動の涙をこらえながら、
こうしてパソコンデスクに向かっている。

 

 

 

韓国と日本という2国が真に一つになる日も近いのではないか…

 

 

両国にある様々な歴史の問題…
領土、慰安婦、外交…

 

 

これらの問題を脇に
スポーツが両国の関係を変えることができるのではないか?

 

自分も野球という分野で両国間の関係改善をはかれないものか?と考えが深くなる…

 

 

両国の和睦を切実に祈る。
そして、和睦を成せるように小さなところから始めたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA