【扉を開けるカギ】第3話:全国大会優勝を成す原動力になったヒトコト

【扉を開けるカギ】の第3話はチーム創立5年目で全国大会優勝を成し遂げたチームの話。

一度考えてみてほしい。

野球チームを一から立ち上げ、
全国大会で優勝するまでには一体どれくらいの時間と労力が必要だろうか…

創立当時は選手もおらず、グランドもなかった…

最初の3年間は全国でベスト4に一度も上がることができなかった…

 

ようやく目が出だしたのは4年目だった。
初めてベスト4入りを果たすと、その年に2度の準優勝を果たした!

5年目の年の上半期にも準優勝した!
創立から5年で全国大会準優勝を成したことも凄いことだ!

 

しかし、チームの目標は全国大会優勝…

あと一歩のところで3度も惜敗したダメージは思いの外大きかった…

何としても優勝を掴み取りたい…

その一心で、先生のもとを訪ね、指導を仰いだ。

その時、先生は何とおっしゃったか?

“준우승은 우승의 조건이 된다”
“準優勝は優勝の条件になる”

この先生のヒトコトが全国大会優勝への原動力となった。

心理的には、次の大会へモチベーションが一段と高まった。
戦術的には、過去準優勝に終わった3度の決勝戦での教訓が生きた。

<教訓>
1度目の準優勝:サヨナラ負け。最終回の裏に2点差をひっくり返された。
2度目の準優勝:先制された1点で逃げ切られた。
3度目の準優勝:一発に泣いた。ヒットを重ねられたのではなく、ホームラン3本で戦意喪失した。

優勝した決勝戦では先制点を取り、流れを変える一発を警戒し、最終回に絶対的なエースを充てて逆転を許さないようにした!

結果、4度目の決勝戦で見事優勝することができたのだ!!

まぎれもなく、準優勝を条件・足台にして成し遂げた優勝だった。

チーム創立5年目で全国大会優勝を成し遂げたその背景には、
やはり“優勝”という扉を開けるカギがあったのだ!

【扉を開けるカギ】第2話:制球難に苦しむ投手にかけたそのヒトコト

【扉を開けるカギ】の第2話は制球難に苦しむ高校球児の話。

高校3年生の最後の夏のこと。
彼はドラフトにかかる可能性もある投手だった。

本格的に野球を始めたのが中学3年生の時で、
野球を遅く始めたビハインド・経験の不足は否めないが、
最速143km/mのストレートとキレのあるスライダーで十分に立ち行けると見えた。

しかし、彼は時々制球に苦しむことがあった。

この問題を解決すべく、先生のもとを訪ね、指導を仰いだ。

その時、先生は何とおっしゃったか?

“의식하지 마라”
“意識するな”

幸いにも私はこの場に居合わせることができたのだが、
このヒトコトの中には非常に多くのことが含まれていると感じた。

私も投手出身だが、
打者を意識してしまったり、走者を意識してしまったりと、
確かに過剰な意識によって制球難に苦しむことがあると感じた。

この核心を突くヒトコトが彼の野球人生のステップアップにつながったことは間違いない。

現在、彼は大学に進学し、Aチームでプロ入りを目指して奮闘している。
大きな制球難に苦しむことなく、現在は最速146km/mをマークしている。
数年後のドラフト会議に注目だ!

【扉を開けるカギ】第1話:そのヒトコトによって生まれた初安打・ホームラン

扉を開けるにはカギが必要だ。

この一文は比喩。
扉とは難題であり、
開けることは解くことであり、
カギは問題の答えである。

人は生きていく中で様々な難題に直面するが、
その都度、その難題を解いていかなければならない。
その際に必要な答えを得るために奔走するのだが、
答えを得るのは決して易しいことではない。

【扉を開けるカギ】と題するシリーズでは
【難題を解いた答え】を様々に紹介しようと思う。

 

記念すべき第1話はある元プロ野球選手の話。

念願のプロ入りを果たし、一軍に上がって間もなくのことだった。
なかなかヒット1本が出ない…

そこでその選手は先生のもとを訪ね、指導を仰いだ。

その時、先生は何とおっしゃったか?

“공격적으로 쳐라”
“攻撃的に打ちなさい”

(日本語に直訳するとニュアンスがつかみにくいのだが、
果敢に相手に立ち向かっていくような意味合いがこの言葉には含まれている。)

 

その一言を聞いて挑んだ次の試合で、なんと、ホームランを放った!
プロ入り初安打がホームランとなったのだった!!

「攻撃的に打ちなさい」というそのヒトコトが扉を開けるカギとなり、
プロ入り初安打がホームラン!という華やかなプロ野球生活の幕開けをすることができたのだ。