【扉を開けるカギ】第6話:「備えあれば憂いなし」とは守備のこと

【扉を開けるカギ】の第6話はプロ野球界で活躍する守備コーチの話。

彼は遊撃手としてゴールデングラブ賞を受賞するほどの実力者だった。

17年という長い長い現役生活を終え、守備コーチとして新たな道を歩み始めていた。

彼は野球における守備という分野で真理を探求し続けてきた。

その中で疑問だったことは、
プロ野球選手たちがしきりにエラーをすることだった…

やはり先生のもとを訪れ、その口から出るヒトコトに耳を傾けた。

先生は何とおっしゃったか?

수비할 때에는 준비다
“守備するときには準備だ”

このヒトコトについて続いて
みな技術があるのになぜエラーするのか?準備できていないからだ。
と説明してくださった。

また、小刻みでステップする動きを見せてくださりながら、このように準備するのだとコーチしてくださった。

彼は大きな答えを得、今もコーチングに生かしている。

多くの守備職人たちが彼のもとから輩出されることに乞うご期待。

【扉を開けるカギ】第5話:一流と二流を分ける運動のツボ

【扉を開けるカギ】の第5話は多くの野球選手たちの前で先生が運動について語ってくださった時の話。

その日、先生の前に多くの野球選手たちが集まっていた。

初夏、強い日差しの中、野球をする姿を見てくださりながら日頃の労苦をねぎらってくださった。
そして、最後にヒトコト語ってくださったのだが…

そのヒトコトには、運動のツボとも言える、一流選手になるためのエキスが詰まっていた。

先生は何とおっしゃったか?

“세밀하게 하는 것이다”
“細密にすることだ”

このヒトコトについて続いて
人は誰でも運動するとき、力強くはできる。しかし、細密にはできない。
と説明をしてくださった。

細かいところまで根詰めて出来るかどうか。

特に野球においては細かいところで勝敗が左右する。
キャッチャーのブロッキングミス一つで負けることもある。
ベースランニングで塁ひとつ先を行くことで勝利を呼び込むこともある。

バッティングに関して言えば、
直径10㎝にも満たないボールが18.44m前から150km/hの速度で来るわけだが、
直径6.6㎝以下のバットで打ち返さなければならない。
大雑把にスイングして当たるわけがない…

一流への【扉を開けるカギ】である細密というヒトコトを携えて日々努力・挑戦することだ!

【扉を開けるカギ】第4話:世界大会という大舞台に挑む代表監督に贈られたヒトコト

【扉を開けるカギ】の第4話は初めて世界大会という大舞台に挑む代表監督の話。

彼は地域の代表チームの監督を初めて任されたのだが、
厳しい国内予選を勝ち抜き優勝、アジア大会でも優勝し、世界大会の切符を掴んだ!

彼は世界大会に挑む前にどうしても先生から指導を受けたかった。

先生のもとを訪れ、世界大会に出場するにあたり、コーチをしてくださいと依頼した。

その時、先生は何とおっしゃったか?

先生は3つのことをおっしゃった。

“정신일도”
“精神一統”

“하늘의 운에 타야 된다”
“天の運に乗らなければならない”

“감각이다”
“感覚だ”

もうすでに天の運に乗って世界大会進出を決めたことは誰も否めないだろう。

世界大会の模様を私はすべて中継で見守ったが、
結果は惜しくも3位だった…

いや、惜しいという言葉は必要ない。

初めて代表チームの監督になって、国内予選・アジア大会を勝ち抜き、世界の舞台で3位になったのだから!

重要な試合・大会に臨む前にはこの【扉を開けるカギ】を必ず記憶したい。

次は世界の頂点に立つ彼の姿を見ることができるだろう…